「キッチンハイター」が掃除で使えない場所と使う時の注意点とは?

スポンサーリンク
家事

「キッチンハイター」って掃除をするにもとても便利ですよね。しかし、使い方を間違えると大変危険です。「キッチンハイター」が掃除で使えない場所と使う時の注意点をしっかり知っておきましょう。

スポンサーリンク

キッチンハイターとは?

キッチンハイターは、塩素系漂白剤の洗剤で、名前の通りキッチンで使う洗剤です。まな板やお皿などの食器類、器具の漂白・除菌・消臭をしてくれます。

ハイターとどう違うの?

ハイターは主に洗濯用の洗剤よ!

キッチンハイターは基本的には薄めて使うことが特徴的です。洗浄成分も含まれているので、漂白や除菌以外にも、汚れを落とすことができるので、お掃除にも向いています。

実際にキッチンハイターはこんな時に利用

我が家では下記のような時にキッチンハイターを使ってます。

  • キッチンの排水口掃除
  • まな板、食器類の漂白・殺菌
  • 真っ白の白衣や布巾の漂白
  • トイレの便器、タンク掃除
  • お風呂のタイル等のカビとり掃除
  • ノロウイルス対策に活用

掃除でも大活躍してくれるから、キッチンハイターは我が家では欠かせない物となっています。

キッチンハイターを使用する際の注意点

掃除でも活躍してくれる「キッチンハイター」ですが、実は使い方を誤るととても大変なことになってしまいます。

そういえば、キッチンハイターって「混ぜるな危険」って表示されてるよね。

使い方を間違えると、便利な物もとても危険な物に変わってしまうのよ。

もちろん、キッチンハイターの本体にも表記してあります。

酸性洗剤と混ざると危険

何故かというと、塩素系の製品に酸性系の製品を混ぜると、身体に危険な塩素ガスを生み出してしまいます。

毒性が強く、目や皮膚、気道なども痛めます。吸ってしまうと、肺水腫を起こすこともあると言われています。

塩素ガスとは、「第一次世界大戦」で初の化学兵器として用いられたこともある、大変危険なものです。

酸性洗剤・生ゴミ・お酢・アルコール等と混ざっても有毒ガスが発生する恐れがあるので注意。
これだけは絶対覚えておいてくださいね。

色物は色落ちする

色物の洋服にキッチンハイターが付いてしまうと、漂白効果で色落ちすることがあります。タオルなど布系は生地が薄くなって、破れる恐れがあるので注意して下さい。

お気に入りの服が色落ちしたときは心底落ち込んだわ…。

私も以前の職業の時、大量のまな板の漂白をしないといけなかったのですが、あるとき自分の黒のズボンにキッチンハイターがたれちゃったんです。ほんの少し…。
そうしたら、その部分だけ色落ちしてオレンジ色っぽくなっちゃいました…。

キッチンハイターを使う際は喚起する

使用するとき喚起をしてマスクを付けるなどしましょう。ペットや子供がいるご家庭では、近くで使用しない方がよいです。
気化した塩素のニオイで頭痛や吐き気などの症状がでる場合があります。喚起していても症状が出る場合は、一旦作業を中断して、体を休めて下さいね。
キッチンハイターを使用する際は、窓をあけたり換気扇を回すなど、換気を良くする。

キッチンハイター液を素手で触らない

キッチンハイターは次亜塩素酸ナトリウムという強アルカリ性が主成分です。そのため、素手で使用すると皮膚が溶けたり、肌荒れする場合があります。

面倒くさがり屋の私は、以前キッチンハイターを素手で触ってしまったのですが、指の指紋がなくなりました…。その後ヒリヒリして素手で触ったことを後悔しました。
使用する際にはゴム手袋を着用してから作業しましょう。

目に入ったらすぐに洗い流す

キッチンハイターの強アルカリ性成分は、目に入ってしまうと失明の可能性もある、危険な物です。

使用の際に、目やその周りについてしまったら、絶対にそのままにせず、作業をやめて洗い流して下さい。目に入った場合は、洗い流した後、病院へ行くことをおすすめします。

失明!?使い方を誤るとめちゃくちゃ危険なんだね。

キッチンハイターを掃除に使えない場所

キッチンハイターを掃除に使えない場所と物があります。

  • 色柄物の繊維製品
  • 金属製品が使われている場所
  • 天然石が使用されている場所や物

色柄物は、色落ちしてしまう場合があるので使用は控えましょう。ぞうきんなど、色落ちしても良い物であれば使用しても大丈夫です。

金属製品もだめなの?

サビが発生する可能性があるから、おすすめはしないわ。

せっかく掃除でカビや黒ずみを綺麗にしたのに、サビを発生させてしまったら意味がありませんよね。

金属製品があるところにキッチンハイターを使用するのはやめましょう。

キッチンハイターを使用する際の注意(まとめ)

  • キッチンハイターは便利だが、使い方を間違えるととても危険
  • 酸性洗剤・生ゴミ・お酢などと混ざらないようにする。
  • 使用の際、服にたれて色落ちする場合もあるため、お気に入りの服では扱わないこと。
  • 使用の際にはゴム手袋はめ、喚起をする。
  • 万が一目に入ったら、水で洗い病院へ。
  • キッチンハイターを使用する前に使える場所か確認する。

以上のことをしっかり守れば、お掃除にはとっても便利なキッチンハイターです。くれぐれも使い方には注意してからお掃除しましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました