子供の癇癪の原因とNG行動とは?原因を知ることで癇癪を回避しよう

スポンサーリンク
育児関係

子供癇癪に悩まされていませんか?癇癪行動をするのには原因を知ることが大切です。癇癪に対してNGな行動もあります。今回は子供の癇癪の原因とNG行動についてお話しします。

スポンサーリンク

子供の癇癪(かんしゃく)とは?

赤ちゃんや小さい子供は泣くことが仕事だと、よく耳にしますよね。しかし、時には泣き方も激しく、話しかけても全く話が通じない場合があります。それは『癇癪』を起こしている場合があります。

  • 床に寝そべって手足をバタバタしながら泣く。
  • 大きな声で泣き叫ぶ。
  • 物を投げたり壊したりする。
  • 人を叩く暴力行動を起こす。
  • 人にいじわるをする。

このような癇癪行動は2~4歳頃に多く見られます自分の気持ちが上手くコントロールできずにこのような行動を起こしてしまうのです。

中々やまない癇癪に、大人もついイライラしてしまいますよね。でも本人も一生懸命癇癪を抑えようと頑張っていますので、落ち着いて対応してあげて下さい。

年齢が上がるごとに、この癇癪行動は落ち着いていきます。しかし、場合によっては大人になっても続くこともありますので、しっかり子供の成長を見守っていきましょう。

子供の癇癪の原因は何?

癇癪を起こすと、親にもとめることが難しいですよね。何をしても泣き止まず、どうしたら良いか悩む親も多いでしょう。しかし、癇癪には原因があります。子供達なりに、大人に何かを伝えたい、訴えたいというサインが癇癪行動として表れるのです。

子供の癇癪の原因①生理的欲求(眠たい、お腹がすいたなど)

子供は疲れて眠たいとき、お腹がすいているときに癇癪を起こします。眠たい場合は、眠る環境を整えてあげて寝せましょう。お腹がすいている場合は、食事またはおやつを与えてお腹を満たしてあげましょう。

子供の癇癪原因②大人の注意を自分に引きたい

子供は大人に構って欲しいのです。大人がスマホを扱って、自分を見てくれない場合などにも癇癪を起こして、気を引こうとします。子供が構って欲しそうにしていたら、一緒に遊んであげましょう。

また、下の子を妊娠していたり、生まれたばかりというご家庭では「赤ちゃん返り」が見られるかもしれません。赤ちゃんばかり構わないで、自分も構って欲しいというアピールを必死にしています。赤ちゃんのお世話で大変でしょうけど、しっかり上の子と触れ合う時間をとりましょう。

りん
りん
下の子が生まれてしばらくは、私も本当大変だったなぁ。下の子が寝てる間に、上のことしっかり遊ぶように心がけたら、数ヶ月で落ち着いてくれたよ!
ゆい
ゆい
今までママを独り占めしてたのに、急に取られちゃったって思うのよね~。

子供の癇癪原因③自分の思った通りにならない時の主張

スーパーに言ったら「お菓子買って!」と言って、泣け叫ぶことありませんか?買ってもらえないと自分の思った通りにならないので泣き叫んで癇癪行動…。悩まされるお母さん達多いのではないでしょうか。

お菓子を買ってあげれば物事は丸く収まります。しかし、親としては買い癖を付けたくないという気持ちがありますよね。

りん
りん
うちの娘も「このお菓子買う!」って言って泣いてたわ…。「これはまた今度ね。早く帰って公園行こうか!」とか娘の好きなことをしようと誘って上手く納得させてたよ。
ゆい
ゆい
切り替わりの早い子だったら有効手段よね。

また、まだ上手くしゃべることのできない1歳頃になると、親に言いたいことを言えず伝わらずで癇癪を起こしてしまいます。そう言う場合は、その子のことをよく観察し、何を伝えたいのかを見極めてあげて下さい。

子供の癇癪原因④食事

原因として食事による『低血糖』が考えられます。食後の血糖値が急に下がると『低血糖』になります。

パンやご飯などの炭水化物、甘いおやつなどの糖質を沢山とると、血糖値が短い時間で急激に上がります。食べてすぐは、体中に栄養価が行き渡るので、機嫌が良いです。しかし、急激に上がってしまった血糖値は、数値が下がってしまうのもとても速いのです。それが原因でイライラと癇癪を起こしてしまいます。

子供の癇癪が酷いと感じたら、食事を見直してみて下さい。食事に糖質が多かったりお菓子を沢山食べていたら、糖質の控えめな物を食べるようにしましょう。

子供の癇癪を起こさないためには

1度癇癪のスイッチが入ってしまうと、すぐに沈めることは難しいです。癇癪が起きる前に、その要素を回避することが理想的です。

気持ちを伝えることの出来るアイテムをつくる

癇癪を起こしてしまうと、自分でも感情のコントロールが出来ません。そのため、葉書サイズの用紙に子供が何を伝えたいのかをあらかじめイラストでいくつか描いておくのも手です。気持ちをすぐにおさえることができなくても、カードを取って貰うだけでこちらに伝わります。

癇癪が起こりにくいように生活環境を整える

時間だからと急にTVやおもちゃなど、遊んでいた物を取り上げるなどという行為は子供にとって非常にストレスです。子供は大人のように気持ちの切り替えをすぐにすることは難しいのです。

りん
りん
我が家では、タブレットで動画を見せるときは予めタイマーをセットしてるよ。

予め、テレビやゲームなどはタイマーを使用し、終わりの時間がわかるようにすると効果的です。

まだ小さく、言葉や自分の気持ちを上手く伝えれない子であれば、ここでもイラストカードを作ってあげると良いです。

何で癇癪を起こしているかを見極めて、事前に準備しておきましょう。

子供の癇癪行動にこれはNG!

癇癪を起こした時にこれらの行動はよくありません。

感情的に叱る

癇癪行動により、ずっと泣き叫ばれるとこっちもイライラしてしまいますよね。だからといって頭ごなしに叱りつけてはいけません。また、イライラのあまり暴力を振るうのはもっての外です。

それらの行動は、癇癪を起こしている子供にさらなる混乱を与え、行動がエスカレートしてしまいます。情緒が不安的になりやすくなりますので気をつけましょう。

物で釣る

よくやってしまいがちなのがコレですよね。おもちゃやお菓子を与えることで癇癪は治まるかもしれません。しかし、「癇癪行動を起こす=おもちゃやお菓子がもらえる」と覚えてしまうと、わざとその行動を取ってしまう場合があります。

りん
りん
お菓子で釣るとピタッと大人しくなるんだけど、お菓子もらいたさに癇癪を起こすことになりかねないもんね、

子供の癇癪に悩んだら早めに相談

  • 子育て支援センター
  • 児童発達支援事業所や放課後等デイサービス
  • 発達障害支援センター
  • 医療機関

癇癪行動と向き合うには根気がいります。子供の定期検診の際に、かかりつけの小児科に相談するのも良いです。市町村によって場所は様々ですが、一人で悩み込まず相談しましょう。

まとめ

  • 子供の癇癪行動の原因を知っておく。
  • 子供の癇癪行動には心にゆとりをもって対応する。
  • 悩みをため込まずに誰かに相談する。

心にゆとりをもって対応するのは中々難しいかもしれません。しかし、ゆっくり怒らずに子供の言いたいことをしっかり見極めてあげることで、上手く癇癪は対応していけます。自分だけでため込まず、家族にも相談しながら子育てを楽しんでいきましょう。

ベビーマッサージで親子の絆を深めよう!

プロフィール
この記事を書いた人
りん

職業は栄養士。調理師を栄養士の資格を持っています。
ママ歴3年!女の子と男の子を育てているママです。

りんをフォローする
育児関係
スポンサーリンク
りんをフォローする
~つなぐ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました